ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート9 9/10 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!
devolution

パート9 9/10 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

 

今回の要点とまとめ

 

 

・2018年以降、国防総省は選挙防衛を永続的に担うようになった

・国家安全保障局(NSA)とサイバーコマンドが選挙保護を担当している

・敵の選挙への介入は、メディアによる影響と直接間接的な干渉がある

・不正選挙と戦う国の機関をサポートしつつ、その中の誰が腐敗しているのか把握する事が重要

・中国共産党上層部でアメリカに亡命したドン・ジンウェイ氏のデータには、政府の中で誰が中国共産党のために働いているかという情報が含まれていた

・不正選挙対策チームは、腐敗した人がいる政府機関とは、不正選挙の情報を共有していない可能性が高い

 

 

2018年の中間選挙以降、ナカソネ将軍率いる国家安全保障局(NSA)とサイバーコマンドが、選挙のセキュリティを永続的に担当するようになった。

彼らは、亡命したドン・ジンウェイ氏のデータを持っているので、誰が腐敗しているか熟知しているので、腐敗した職員のいる政府機関には不正選挙の情報を提供していなかった可能性が高い。

 

 

ここからがオリジナルの記事の翻訳になります

 

 

2020年2月10日 – 国防総省が “国防総省は選挙防衛において永続的な役割を担っている” と題した記事を掲載。

 

 

昨年12月のレーガン国防フォーラムで、米サイバー軍司令官で国家安全保障局長官のポール・M・ナカソネ陸軍大将は、選挙における国防省の役割を説明した。

セキュリティ 「私たちは、大統領選挙を守る能力を持ち始めました。今日でもなく、6ヶ月後でもない。中間選挙の翌日から始めたのです。と述べ、「敵が何をしているかを理解する能力という点では、手を緩めていない」と述べた。

国防省は、2018年の中間選挙におけるロシア・スモール・グループの成功を受けて結成された国家安全保障局(NSA)とサイバーコムの選挙セキュリティ・グループが主導する、その政府全体のパートナーシップにおいて重要な役割を担っているのである。

国家安全保障局(NSA)の選挙セキュリティ主任のデビッド・イムボルディーノ氏と、サイバーコムの選挙セキュリティ主任でサイバー・ナショナル・ミッション・フォース司令官の陸軍准将ウィリアム・ハートマンが共同で選挙セキュリティグループを導いています。

その目的は、米国の選挙を妨害し影響を及ぼす敵対者の能力を混乱させ、抑止し、低下させるために、2つの組織の資源、努力、行動を一致させることです。

敵が何をしているかを知り、理解するだけでは十分ではない。

-デビッド・イムボルディーノ、国家安全保障局選挙セキュリティ主任「2018年のうち最大の成功は、2018年の中間選挙ではなかった」とハートマンは言います。

“最大の成功は、組織的にも、実業務の観点からも、民主的プロセスを保護する永続的な使命に焦点を当てたことです。”

「敵が何をしているかを知り、理解するだけでは十分ではありません。

国民は、私たちがそれに対して何かをすることを期待しているのです。」

選挙セキュリティグループの主な目的は、サイバー防御の改善につながる外国の敵対者に関する洞察を生み出し、干渉しようとする国にコストを課すことである。

また、国土安全保障省や連邦捜査局(FBI)などのパートナーを直接支援し、選挙セキュリティにおける各機関の取り組みを可能にする重要な情報を収集、機密解除、共有します。

「私たちは、敵の選挙への介入を2つの異なる側面から見ています。

ひとつは密かな影響、(中略)そして干渉だ」(イムボルディーノ氏)。

干渉とは、敵対者が選挙設備や有権者名簿を標的にして、投票総数を変更しようとすることです。

影響力とは、世論に影響を与えようとするソーシャルメディアの構成要素のことです。

敵が何をしているかを知り、理解するだけでは不十分だ」と彼は続けました。

国民は、私たちがそれに対して何かをすることを期待しているのです。

こうした脅威から民主主義を守るために行動を起こすのに必要な正しい情報を、適切な分類レベルでパートナーに提供することは不可欠であり、この戦いに政府のあらゆる手段を用いることができるようになる。

 

 

重要なのは、連邦政府機関(国土安全保障省(DHS)&連邦捜査局(FBI))のパートナーをサポートする一方で、軍はそれらの機関の中でどれだけの者が腐敗しているかを把握していることだ。

それを知ることが重要なのです。

 

中国共産党上層部でアメリカに亡命したドン・ジンウェイ氏が、何テラバイトものデータを持ち込んだことを思い出してください。

その中には、政府や連邦機関の中で誰が中国共産党のために働いているかという情報も含まれていました。

軍は、誰と情報を共有できるのか、また、情報を共有できないのかどうかを知っているはずです。

 

腐敗した機関とは、あまり情報を共有していなかったのではないでしょうか。

 

選挙への実際の干渉に関する具体的な詳細は、高度に機密化されるだろう。

それゆえ、上記の「適切な分類レベルで」というコメントがあるのだ。

 

 

 

 

 

この記事の続きはこちらになります。

 

 

 

 

当サイトは皆様の共有のおかげで成り立っています。

シェアをよろしくお願いします!

 

ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート9 9/10 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。