ホーム » 放浪記 » ゴアに出会う話8(自叙伝105)

ゴアに出会う話8(自叙伝105)

Fさん

 
 
 
 
Rさんは本当に心優しい性格をしていて、弱者に対して寛大な心をもっている。
 
 
 
 
 
そんなRさんを慕ってやって来るのはイラン人ホームレスのSさんだけではなく、日本人ホームレスのFさんも居た。
 
 
読者の方々は、インドに日本人ホームレスが居ると聞いて驚いたかもしれないが、僕も最初にFさんの存在を知った時はかなり驚いた。
 
 
 
 
 
Fさんは一見すると感じの良いおじさんなのだが、知れば知るほど怪しさが増して行き、付き合えば付き合うほどムカついて来るような稀有な存在だ。
 
 
 
 
 
Fさんは自分のことをあまり話さず、常に一歩引いて人と付き合って居る。
 
 
Fさんが相手に心を開くのは、相手に自分の存在を受け入れるゆとりが有ると判断した時だけだ。
 
 
 
 
 
Fさんの存在はあまりにも日本の常識から外れていて、心にゆとりの無い人がFさんの実存と対峙してしまうと、常識が破壊されておかしくなったり、逆にFさんに対して攻撃的になったりしてしまう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Fさんの正体

 
 
 
 
Fさんは、出会ってすぐの頃は、他よりも断トツで若い僕に対して少し警戒気味だったが、僕が年の割に図太く柔軟な考え方をしているのを見て、徐々に心を開いて行った。
 
 
 
 
 
Fさんは自称43歳、他称47歳の日本人男性だ。
 
 
Fさんと言う名前は偽名で、日本一高い山から名前を頂いている。
 
 
偽名に変わるきっかけ、そしてゴアでホームレスとして暮らすきっかけは繋がっていて、それは4年前の出来事がきっかけだった。
 
 
 
 
完全版へつづく。。。

前の記事104 | 次の記事106

完全版でこの記事を読む

 

 

当サイトは皆様の共有のおかげで成り立っています。

シェアをよろしくお願いします!

 

ホーム » 放浪記 » ゴアに出会う話8(自叙伝105)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。