ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート2 3/3 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ! 
devolution

パート2 3/3 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ! 

 

今回の要点とまとめ

 

・ドン氏は数多くの証拠を提供した。その中には、「米国で活動する中国のスパイの名前」「中国に情報を提供している米国市民の名前」「バイデン家の中国企業とのビジネス取引」などが含まれている

 

・アメリカにはとんでもない量の中国人スパイが入り込んでいる

 

・ドン氏が中国共産党のスパイが蔓延っている米国に無事に亡命できたことが、権限委譲理論を裏付ける

 

中国諜報機関のトップのドン氏の亡命は、数多くの証拠をアメリカにもたらした。

 

その中には、アメリカに蔓延る中国人スパイの情報から、バイデン家の汚職の証拠、Covidが生物兵器として開発された証拠などがある。

 

スパイの蔓延るアメリカに亡命するには、トランプ政権時代に亡命するか、あるいはバイデン政権とか変わらずに軍の保護を求めるしか方法がなく、そのどちらの方法であっても権限委譲理論なしには考えられない。

 

 

 

ここからがオリジナルの記事の翻訳になります

 

 

 

DIAとデボルーション

 

DIAのリーダー(トランプ大統領が任命したベリアー中将)は、”FBI、CIA、その他いくつかの連邦機関の内部に中国のスパイや情報源がいる “と考えています。

 

彼は証拠を持っています。

 

ドン氏は膨大な量のデータを持ってきました。

 

その中には、「米国で活動する中国のスパイの名前」「中国に情報を提供している米国市民の名前」「ハンター(とジョー)の中国企業とのビジネス取引」などが含まれています。

 

さらに ドン氏はDIAに以下の情報を提供した。

– 現在SARS-CoV-2として知られているウイルスの初期の病原性研究。

– COVID-19の米国と世界への拡散と被害予測のモデル。

– SARS-CoV-2やその他の生物兵器研究に資金を提供した正確な組織や政府の財務記録。

– 中国に情報を提供している米国市民の名前

– 米国で働く、または米国の大学に通う中国のスパイの名前。

– 中国政府から金銭を受け取った米国のビジネスマンや公務員を示す財務記録。

– 米国政府高官が中国のスパイやロシアのロシア調査庁のメンバーと(おそらく無意識のうちに)行った会議の詳細。

– 中国政府がCIAにアクセスした方法

通信システムにより、CIAの協力者であった数十人の中国人が死亡したこと。

ドン氏はまた、ハンター・バイデンのノートパソコンのハードディスクの中身のコピーをDIAに提供し、中国政府がハンターのポルノ問題や彼(とジョー)の中国企業との取引について知っていることを示しました。

ドン氏が提供したファイルの中には、中国の軍事メーカーAVIC AutoへのHenniges Automotive(およびそのステルス技術)の売却が承認された経緯に光を当てているものもあります。

 

これらがとてつもなく重大な意味を持つことを、おわかりいただけるでしょう。

 

DIA(戦闘関連任務のための主要な情報源)が亡命者を秘密にしていたのは、亡命者が提供した情報によって大統領が関与していたからです。

 

ここにもハン・リアンチャオ博士の言葉があります。

 

ドン氏は「2020年9月に公の場に姿を現したのが最後」と、ハン氏は先週、Spy Talkに語った。

海外の一部の中国語報道によると、ドン氏の写真は中国の検索エンジン「百度」によって削除されたという。

 

彼は2月よりもずっと前から来ていた可能性があるのでしょうか?

 

私はトランプ氏が役割を果たしていたと思っていますし、ドン氏は選挙の盗用を証明する情報を提供していました。

 

中国共産党のスパイがいたるところにいることを知っていながら、なぜ中国の亡命者が2月にバイデン大統領を暗示する情報を持ってアメリカに来るのでしょうか?

 

彼は送り返されるか、行方不明になるでしょう。

 

彼はバイデン大統領が就任する前にやってきて、軍が彼の存在を黙っていたか、あるいは報道されているように2月にやってきて、軍がバイデン政権に伝えないことで彼を守ることを確信していたかのどちらかでしょう。

 

どちらのシナリオも “Devolution “を意味するものです。

 

 

 

最後の考察

 

再び、情報筋によると、ドン氏はDIAの報告者は、米国の大学に通う中国人留学生の少なくとも3分の1はPLAの資産か千人計画の一部であり、学生の多くは偽名でここに来ていると語った。

偽名を使う理由の一つは、これらの学生の多くが軍や党の高位指導者の子供であることだ。

 

米国の大学に通う中国人学生の数をグーグルで調べてみました。

 

米国の大学は依然として中国人留学生の人気の留学先であり、2019/20年度には37万2千人以上が同国での履修を選択しています。

 

つまり、中国には最低でも12万4千人の大学生の資産があるということになります。

 

中国には、大学に通う人だけではなく、もっと多くの人がいます。

 

中国は国境に軍隊を持っています。

 

彼らはほとんどすべてのものに侵入し、危険にさらしています。

 

だからこそ、トランプ氏が明らかにするのに時間がかかっているのだと思います。

 

だからこそ、アメリカの上空には非常に多くの軍用スパイ機が存在しているのです(Monkey Werx)。

 

トランプ氏と軍部は、可能な限り脅威を無力化して、影響を最小限に抑えようとしています。

 

敵は権力を維持するために徹底的に戦いますが、トランプ氏と軍部は致命的な一撃を与える準備をしており、亡命者のドン氏の助けを借りています。

 

 

革命は現実のものとなりました。

 

 

最高の時は、これから来ます。

 

 

 

 

 

この記事の続きはこちらになります。

 

 

 

当サイトは皆様の共有のおかげで成り立っています。

シェアをよろしくお願いします!

 

ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート2 3/3 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ! 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。