ホーム » 情報記事 » その他諸々 » なぜ今、銀なのか? 銀の現物が枯渇している5つの表の理由と3つの裏の理由
silver

なぜ今、銀なのか? 銀の現物が枯渇している5つの表の理由と3つの裏の理由

 

情報に早い人たちは、ここ最近の銀現物の需要が高まっていることに氣づいていると思います。

 

多くの銀販売店では在庫が枯渇し、入荷まで数週間待ちなどもありました。

大手の通販サイトでは本来の価格の3倍ほどのプレミアがつくことも珍しくありません。

 

なぜ、そんな異常とも言えるような銀の現物需要の高騰が起こっているのか?

 

表の世界での5つの理由と、裏の世界での3つの理由をわかりやすく解説していきます。

 

 

 

銀投資の世界

 

太古の昔から銀は資産保護、及び投資の対象として金に次ぐ位置を維持してきました。

 

銀は常に金のお供のような感じで、金価格が上がれば銀価格も上がるし、金が下がれば銀も下がる。

 

銀の市場は金に比べて小さいので、金よりも値段の上がり下がりが大きいことも特徴になっています。

 

銀投資は今までは名脇役の立場を維持してきました。

それが今後は、名脇役の位置から準主役の位置へと移行しようとしているのです。

 

どこまで行っても資産安定化の主役の位置には金がいて、銀は主役にはなれないけれど、名脇役から準主役への躍進は大きなステップアップです。

この移行に氣づいた人たちの間で銀投資が活発になっており、銀の現物が枯渇するという事態に陥っています。

 

 

 


表の理由

 

 

銀の現物の需要が高まっている理由は複合的なものです。

まずは、一般的な表の理由から解説していきます。

 

 

表の理由1 安全資産として

 

昨今では資本主義経済の崩壊の兆しが至る所に現れてきています。

コロナ前からその兆しは大きく出ていましたが、コロナ後はより一層分かりやすい形で表に現れてきています。

 

それは、資本主義のシステム上の避けては通れない道であり、危機が訪れるたびに、中央銀行が紙幣を大量に発行して経済の崩壊を後回しにし続けているという現状です。

そうした経済的危機において真価をはっきするのが、本来的な価値を有している貴金属になります。

 

経済危機が目の前に迫っている昨今では、株式などのリスク資産から、貴金属などの安全資産へと資金の移動が起こっています。

現物需要が増しているのは、安全資産としての需要が増しているということもあります。

銀は金に比べると価格変動が大きいですが、それでも銀そのものに本質的な価値を有しているため、安定した資産として捉えられています。

 

今後仮に経済が崩壊し、デジタル上の数字としてのお金に価値がなくなることがあるとしたら、最後に価値を持つのは貴金属の現物という可能性も存在しています。

 

 

 

表の理由2 中央銀行紙幣の増刷

 

 

コロナ下の経済対策として中央銀行が紙幣を無尽蔵に印刷し続けています。

人々が働くことができず、経済が回らない以上、他に選択肢はありません。

 

以前は発行される紙幣は金と互換性があり、”一定額の紙幣=一定量の金”だったのですが、今では紙幣と金の間にはなんの関連もありません。

中央銀行が、自身の裁量により紙幣を刷れば刷るほど、紙幣そのものの購買力が下がっていくと言うことになります。

 

これは表の理由と言っても、学校で習うようなことではありませんが、ある程度に経済や金融を知っている人からすると常識のようなことです。

 

こう言った情報は以前はあまり一般的ではなかったのですが、情報の伝達が加速化している現代においては、広く知れ渡るようになりました。

時間が経つごとに価値を失っていく現金に変わる価値の保存手段として、金銀を購入する人が増えているということです。

 

 

 

表の理由3 工業的需要の高さ

 

 

金銀プラチナは、美しい輝きを放つため、宝飾品としての需要が大きく存在します。

ですが、真の不景気の下では誰も宝飾品を買い求めません。

 

そんな状況下においても避けて通れない需要があるのが、工業的な需要です。

 

銀の工業的な需要は、銀の金属としての特殊性からきています。

電気が通りやすく、熱を伝えやすく、柔らかく伸びる上に、錆びず腐らずといった特性は、工業用や電気関連においてなくてはならないものです。

 

そして、銀の抗菌性と人体に無毒という特性は、医療用途に重宝されています。

太陽光パネルにも必須の素材になっています。

最近では銀のナノ粒子がジェットエンジンや洗剤などにも使われているそうです。

 

このような工業的需要があることから、必然的に価値が生まれてきています。

 

 

 


表の理由4 割安感がある

 

 

歴史的に、金と銀の価格の比率は1:14というものでした。

それが、現代では1:50という以上な値に高まっています。

 

その理由は、主に富裕層が好んで金を購入するという理由があるようです。

 

本来の比率の3.5倍にまで差額が広がってることと、金に比べて銀の供給量が多いことが合わさり、銀価格が安く抑えられていることも銀を購入しやすい理由の一つになっています。

 

 


表の理由5 換金性の高さ

 

 

銀は価値保存の手段として古来から利用されており、必要になった時にすぐに換金できるような状況が整っています。

 

どこの街にも金銀を扱うお店がありますし、ネットを通しての売買も可能です。

それは世界のどこの街へ行っても同じことで、全世界に共通して容易に換金が可能です。

 

こういった売買のしやすさが、銀の需要を高めている一つの要因にもなります。

 

 

 


裏の理由

 

 

いくつかの表の理由により、銀の需要が増していますが、本命は裏の理由です。

おそらく、銀の現物に飛びついている人たちの多くは、裏の理由を知っている人たちが多いと思います。

 

 

 


裏の理由1 金本位制通貨の時代が来る

 

 

裏の理由として、まず1番に上がってくるのが、金本位制ではないでしょうか?

 

現在、水面下で世界革命が進行中です。

この革命が完了した暁には、金本位制に変わると言われています。

金と銀などを基にした通貨です。

 

そうなった際には、現在流通している通貨が金銀に置き換わるため、金銀の価値が爆発的に増加するのではないかと言われています。

 

 

こちらのサイトを見ると、ドルの発行量に対しての金と銀の総量がどのくらいなのかを調べることができます。

 

 

右端の中段あたりに、Dollar to Gold Retio Nowという項目があります。

 

ドルの総量を金の総量で割ると20952ドルになるということです。

現在の金1オンスの値段が1834ドルなので、単純計算すると金の価格が約11倍になるということです。

 

実際にはもっと複雑で、分母は米ドルではなくて、世界の通貨の総量になり、分子は金だけではなくて銀も含むし、もしかしたら他の貴金属や資産なども含まれるかもしれません。

 

ですが、金本位制が採用されると、金の価格が大幅に上がるということがわかると思います。

 

今度は、一つ上のDollar to Silver Retio Nowというところを見てください。

 

こちらは、2868ドルとなっています。

現在の銀1オンスの価格が約24ドルなので、単純計算すると銀の価格が約119倍になるということです。

 

もちろん、そんな単純に行く話ではありませんが、過剰に印刷された紙幣と過少に評価された銀の関係というものが見て取れると思います。

 

 

 


裏の理由2 グレート・リセットが来る

 

 

こちらはQの言うグレート・アウェイクニングとは全く別のもので、世界支配層による金融リセットを意味しています。

Qの情報を追っている人は、グレート・リセットは来ないと考えていますが、陰謀論を追っていて、カバールが実権を握っていると考えている人は、近いうちにグレート・リセットが来ると考えています。

 

グレート・リセットが来た場合には、金融機関に預けている資産や、証券などは無価値になってしまいます。

そうした非常事態に生き残るための手段として、銀の現物を購入している人たちも多くいます。

 

プレッパーと言う世紀末に備えて準備しまくっている人たちの間では、金銀の保有と言うことも重要な要素として考えられています。

 

 

裏の理由3 隠されていた金塊

 

現在、世界革命が起こる過程において、数多くの超富裕層が逮捕されていっていると言われています。

彼らは大量の金塊を隠し持っており、逮捕されることでそれらが市場に解放されると、金の供給が需要をはるかに上回り、金価格が下がるのではないかと言われています。

 

 

 


裏表を統合した理由

 

 

・徐々に価値を失い続ける紙幣を資産として持つことは、リスクが大きい

 

・古来より価値の交換手段として利用されてきた金銀は安全で扱いやすい資産

 

・金本位制が来ると金銀の価値が大きく上がり、銀は百倍以上になる可能性がある

 

・超ローリスク超ハイリターンな究極の投資手段

 

・どんな異常事態にも対処しうる究極の安全備蓄手段

 

以上の理由を理解した人たちによって勢いよく銀の現物が買われていっているという現状があります。

 

 

 


体感

 

 

これらの理屈としての理由とは別に、体感としての理由もあります。

 

それは、銀の輝きを見て銀の重みを手にした時に感じる、本質的な価値に対する信頼感です。

理屈ではなくて体で感じるものです。

 

感覚として価値を理解でき、重厚な安心感を提供してくれることが、銀の現物の隠れた利点とも言えるでしょう。

 

 

 


購入手段

 

 

銀を購入する方法は色々とありますが、ここでは僕がやっている【銀の購入代行】を紹介したいと思います。

運営経費をとことん削減し、銀に対する税金の安い国から購入代行することで、日本最安値帯のお買い得価格を提供できています。

 


今のうちにコツコツと銀を購入しておくことが、後々に大きく役に立つ日が来ると考えています。

 

 

この記事が皆様のお役に立つことを祈っています。

 

 

当サイトは皆様の共有のおかげで成り立っています。

シェアをよろしくお願いします!

 

ホーム » 情報記事 » その他諸々 » なぜ今、銀なのか? 銀の現物が枯渇している5つの表の理由と3つの裏の理由

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。