ホーム » 放浪記 » ゴアに目覚める話36(自叙伝153)

ゴアに目覚める話36(自叙伝153)

 

ジャグリング

 

僕は、この時期にデビルスティックと言うジャグリングの一種に出会う。

これは両手に細長い棒を持ち、一本の棒を空中で打ちながら落とさずに回したりして遊ぶものだ。

 

https://www.youtube.com/watch?v=_38vtmlIwSU

 

Rさんがフリーマーケットで見つけてきた物を借りて遊んでいたら、その面白さにハマってしまった。

一旦ハマりだすと、面白すぎて止めることができない。

 

スティックの流れに自分の体の動きをシンクロさせることで、波に乗るかのような、集中してゾーンに入るかのような心地よさがあった。

毎日何時間も遊びながら練習を続けた。

 

おそらく、才能があったのだろう。

僕は、3週間ほどの集中した練習をこなす事で、片手だけで一本の棒を30分ほど落とさずに回し続けられるようになった。

 

更にはリズムに合わせて回転させることも覚え、しまいには音楽に合わせて回転させつつ踊れるようになった。

 

この成果には自分でも驚いた。

僕は、子供の時から病気がちで貧弱で運動が苦手で大人しい子だったし、それが自分の個性だと思っていた。

実際に学校のマラソンでもいつも最下位周辺だったし、自分自身も家族も友人も全員が、僕には運動神経が無いと判断していた。

 

僕もその判断を信じ、自分自身の性格を作り上げてきたが、ここに来てまさかの”実は運動出来る説”が浮上してきた。

そう思えるほどにデビルスティックの技術が上達していた。

僕の演技を見た人の誰もが驚いたし、その驚きに対して僕も驚いていた。

 
 
 
完全版へつづく。。。

前の記事 | 次の記事

完全版でこの記事を読む

 

 

当サイトは皆様の共有のおかげで成り立っています。

シェアをよろしくお願いします!

 

ホーム » 放浪記 » ゴアに目覚める話36(自叙伝153)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。