ホーム » 放浪記 » ゴアに目覚める話35(自叙伝152)

ゴアに目覚める話35(自叙伝152)

 

ヒッピーのおじさん

 

以前の記事でゴアに長年住むヒッピーのおじさんCさんの話をしたが、彼の押しの強い個性があちこちで問題を生んでいた。

 

日本人同士のちょっとした仲違いなどはあったのだが、大きな問題になったのは、アンチ・ヒッピーの思想を持つドイツ人のネオナチ集団に拐われたことだ。

なぜ、ヒッピーだらけの南国パラダイスのゴアにネオナチが居るのか分からないし、どんなイザコザを起こせば拐われるような大事に至るのかも分からないが、実際に拐われてしまった。

 

ここで活躍するのが聖者キャラのBさん。

 

英語を流暢に話す彼は、ネオナチ集団の中へ入って行き平和的にCさんを助け出した。

彼の平和な態度にはネオナチもどうしようもなかったのかも知れない。

 

恐れをなしたCさんは直ぐに日本へ帰国したので話が聞けず、Bさんも詳細を話さないので何が起こったのかは分からずじまいに終わったがなんとも恐ろしい話だ。

 

 

ハードボイルドのおじさん

 

同じく以前の記事で話したハードボイルドのおじさんも厄介事に巻き込まれていた。

エラそうなヤクザキャラの彼は怒鳴り散らしたことで皆から総スカンを食らっていたが、反省することなく、ふてぶてしさは増していく。

 
 
完全版へつづく。。。

前の記事 | 次の記事

完全版でこの記事を読む

 

 

当サイトは皆様の共有のおかげで成り立っています。

シェアをよろしくお願いします!

 

ホーム » 放浪記 » ゴアに目覚める話35(自叙伝152)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。