ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート10 21/28 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!
devolution

パート10 21/28 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

 

今回の要点とまとめ

 

 

・政治制度的な問題は、人種差別問題ではなく、政治腐敗の問題

・政治体制のプロバガンダ部門は、ハンターバイデンのノートパソコンのデータをロシアの陰謀だとして検閲している

・デイリー・メール紙は、ラップトップはハンター・バイデンのものだと確認した

・ハンター氏のラップトップを保持し、行動を起こせるのは、トランプ大統領と軍部

 

 

ハンター・バイデンのラップトップには、多大な犯罪証拠が格納されているが、大手メディアはそれをロシア側の陰謀だとして検閲している。

だが、ラップトップは本物だとデイリーメール誌に確認されている。

それらの証拠は、トランプ大統領と軍部によって握られている。

 

 

ここからがオリジナルの記事の翻訳になります

 

 

政治体制は、アメリカのすべての問題を、より多くの分裂を引き起こし、実際の問題の原因を隠すためだけに役立つラベルの下に固定しようとして、「体系的人種差別」というフレーズを使用するのが大好きです。

現実には、わが国におけるはるかに大きな「制度的」問題は、制度的な政治腐敗の問題である。

 

ジョー・バイデンは、政治体制によって作られ、実行される組織的な政治腐敗の副産物である。

バイデンは生涯、政府の口利き役で、議員時代には実際には政策面で特筆すべきことは何も成し遂げなかったが、個人的利益のために自分の名前と政治的影響力を売って大成功した人物である。

 

2020年の選挙に向けて、ハンター・バイデンのノートパソコンがコンピュータ修理店に放置されていたようで、バイデン一族の腐敗したビジネス取引の詳細を示す大量の情報が入っていたことが発覚した。

ジョー・バイデンの選挙のチャンスを守るために、政治体制のプロパガンダ部門は、それをあえて取り上げる者を “ロシアの誤報 “と呼んで葬り去り、検閲を行った。

 

現実はもっと違う。

 

ビジネス・インサイダーより

 

 

デイリー・メール紙は今週、科学捜査の専門家が、ハンター・バイデンの私生活の下劣な詳細を含むノートパソコン内のメッセージと画像の信憑性を確認したと主張した。

英国のタブロイド紙が運営する米国向けウェブサイトDailyMail.comは、ノートパソコンの中身を詳しく紹介する長文の記事を木曜日に掲載した。

このノートパソコンは、11月の大統領選を前に、10月にニューヨーク・ポスト紙が、当時民主党の候補者だったジョー・バイデン氏に有害な電子メールが含まれていると主張し、激しい論争の的となった。

同ポスト紙は、ノートパソコンの資料から、ジョー・バイデン氏がエネルギー企業「ブリズマ」の役員を務めていた息子のウクライナでのビジネス取引によって危険にさらされていたことがわかると主張した。

批評家は、他のメールにはハンター・バイデンによる中国での影響力行使の証拠が含まれていると述べた。

どちらの主張も立証されたことはない。

ポスト紙と、後にデイリー・メール紙がノートパソコンの内容を入手した経緯は複雑で、デラウェア州のコンピューターショップに放置され、その後ドナルド・トランプの味方に渡されたと言われている。

情報の信憑性が疑われ、米国情報機関からロシアが関与している可能性が高いという報告を受けている中、この情報は、米国で最も重要な情報源である。

フェイスブックとツイッターは、ポスト紙の記事がプラットフォーム上で共有されるのを阻止する措置を導入しました。

しかし、デイリー・メール紙は、ラップトップは確かにハンター・バイデンのものであり、そのハードディスクのコピーから103,000のテキストメッセージ、154,000の電子メール、2,000以上の写真を入手したと述べている。

 

 

情報機関、MSM、大手ハイテク企業は、このノートパソコンに何が入っているかに関して、バイデン家を庇うためにあらゆる手を尽くしましたが、他に誰がこの情報を持っていたかもしれないかを念頭に置く必要があります。

 

具体的には、誰がこのラップトップを持っていて、中身を見て行動できるのでしょうか?

 

答えは簡単です。

何年も政治体制と戦ってきた人たちです。

 

中国からの亡命者ドン・ジンウェイの何テラバイトものデータを持っているのと同じ人たちです。

コロナが生物兵器であることを 知っている人たちです。

バイデン陣営が外国の敵の助けを借りて選挙を盗んだことを目撃した人たち。

権限委譲の作戦を実行している人たち。

 

ドナルド・トランプ大統領と軍部のことです。

 

 

 

 

 

この記事の続きはこちらになります。

 

 

 

 

当サイトは皆様の共有のおかげで成り立っています。

シェアをよろしくお願いします!

 

ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート10 21/28 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。