ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート13 6/17トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!
devolution

パート13 6/17トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

 

今回の要点とまとめ

 

 

・大統領令第13618号は、基本的に政府のすべての機関が、緊急事態における安全な通信の役割を果たすことを規定している

・トランプ大統領が発令した大統領令によると、大統領が戦時中に大統領権限を発動する場合に、大統領の通信に関する権限を科学技術政策局長官に完全に委譲するように設定されている

・大統領緊急行動文書は、「異例な状況に対応して、異例な大統領権限を実行するためのもの」とされている

・大統領緊急行動文書を使って戦争状態を宣言したのであれば、大統領令13961は、通信に関する権限の委譲を誘発することになる

 

 

権限委譲計画においては通信の安全性を保つ事が非常に重要なため、戦時中に大統領権限が発令された場合は、科学技術政策局長官に通信権限が以上されるようになっている。

 

 

 

ここからがオリジナルの記事の翻訳になります

 

 

特定の省庁の責任 大統領令13618は、NS/EP通信機能に関する連邦省庁の責任について詳述している。

同大統領令は、国防省(DOD)、国土安全保障省(DHS)、商務省、総務長官、国家情報長官、連邦通信委員会の責任について具体的に示している。

しかし、DHSは、NS/EP通信責任のかなりの部分を任されている。

 

 

大統領令13618は、基本的に政府のあらゆる機関が、緊急事態の際の安全な通信の役割を果たすことを定めたものである。13618は、「すべての機関」とまで言っている。

 

 

第 6 項

一般的な機関の責任 すべての機関は、法律と整合する範囲において、以下のことを行う。

(a) NS/EP通信要件の範囲を決定し、当該要件に関する情報を執行委員会に提供する。

 

 

さて、大統領令13618の内容がわかったところで、実際にFMR EOでどのように改正されたかを見てみましょう。

オバマ大統領のEO 13618 Section 2.3:

 

 

セクション2.3.

国土安全保障・テロ対策担当大統領補佐官と科学技術政策局(以下、OSTPと省略)長官は、1934年通信法改正(47 U.S.C. 606)第706条の下で大統領に与えられた権限の行使に関して、PPD-1に設けられた省庁間の政策プロセスにより、大統領に勧告するものとする。

また、国土安全保障・テロ対策担当大統領補佐官とOSTP長官は、委任があった場合、PPD-1に定められたプロセスを通じて、あるいは大統領が別途指示する方法で、これらの権限の行使を共同で監視するものとする

 

 

トランプ大統領のFMR EO第6項により修正された。

 

 

「OSTP長官は、1934年通信法改正(47 U.S.C. 606(a))第706条による大統領における権限を行使する権限を、大統領がその権限行使に必要な宣言や調査結果を発することを含む行動をとる場合に委譲される」。

この委任は、本節で言及された規定と同一または実質的に同一の、将来の公法のあらゆる規定に適用される。”

 

 

ここでの違いは重要である。

1934年通信法の下で大統領に与えられた権限の行使に関して、省庁間の政策プロセスを使って大統領に勧告するのではなく、FMR EOは、「大統領が、その権限を行使するために必要な宣言や調査結果を発行するなど、そのセクションが要求する行動を取る場合」、大統領の権限をOSTP長官に全面的に委ねるように設定されているのである。

 

 

1934年通信法(47 U.S.C. 606(a)を見て、どんな権限を言っているのか、考えてみよう。

 

我々の合衆国法典の全節のタイトルは、”大統領の戦争権限”であることに注意すべきである。

これは、その権限の全文ですが、要約をスクリーンショットします。

 

 

大統領は、「戦争、戦争の脅威、公共の危機、災害、その他の国家緊急事態が存在すること、または国家安全保障や防衛の利益のために必要だと判断した場合」の宣言により、規則や規定を停止または修正することを許可している。

大統領は防衛または安全保障通信を優先し、(B)通信施設の政府による使用または管理を許可し、「電磁波を放出することができる一部またはすべての局または装置に適用される規則」を停止または改正することができる。47 U S C § 606 (c) (d)

 

 

単なる偶然かもしれませんが、これは関係なく検証する価値があると思います。

トランプのFMR大統領令で使われている文言を見てください。

 

「大統領が、必要な宣言や調査結果を発行することを含め、これらの権限を発動するために必要な行動をとる場合。」

ここで、1934年通信法の条文から使われている文言に注目してください。

 

「米国が関与する戦争の継続中は…」「戦争または戦争の脅威が存在することを大統領が宣言したときは…」

「米国が関与する戦争の状態または脅威が存在することを大統領が宣言したときは…」。

 

こんな文言を以前どこかで見たことがあるような?

 

 

 

 

この記事の続きはこちらになります。

 

 

 

 

当サイトは皆様の共有のおかげで成り立っています。

シェアをよろしくお願いします!

 

ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート13 6/17トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。