ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート5 3/8 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!
devolution

パート5 3/8 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

 

今回の要点とまとめ

 
 
・重要設備提携諮問委員会(CIPAC)の会員であり、民間企業の部門調整協議会(SCC)が、米国の選挙設備の物理的保護、サイバー保護、緊急時の備えについて政府に助言、支援を行う
 
・選挙設備下位部門政府調整会議(EISCC)の会員は、民間企業でありながら、実際の選挙設備の所有者や運営者であり、彼らは自らの「自発的な行動」によって、物理的な保護とサイバー保護を扱う
 
・選挙設備下位部門政府調整会議(EISCC)は、設備保護を支援するために、国土安全保障省(DHS)と連携する
 
 
 
1947年に国家安全保障会議(NSC)が設立されて以来、進化変化を遂げてきた国の設備を保護する計画は、民間企業による選挙設備の保護という段階に行き着いた。
 
選挙設備下位部門政府調整会議(EISCC)の会員である民間企業は、国土安全保障省(DHS)と連携し、適切な当局に提言を行う力を持っている。
 
 
 
 

ここからがオリジナルの記事の翻訳になります

 
 
 
選挙設備下位部門のホームページはこのようになっています。
 
 

政府施設部門-選挙設備下位部門:憲章と会員資格

政府施設部門-選挙設備下位部門の会員名簿は以下の通りです。

憲章(基本的な方針や施策などをうたった宣言書や協約)

選挙設備下位部門政府調整会議憲章 – 2021年

選挙設備下位部門調整会議憲章 – 2020年

 
ここでは、上記のように2020 選挙設備下位部門 政府調整協議会 憲章-2-9-2020を紹介します。
 
 
なお、部門調整協議会(SCC)は民間企業であり、重要設備提携諮問委員会(CIPAC)の会員でもあります。
 
 

選挙設備下位部門 調整協議会 憲章

第1.2版

2018年2月15日承認

更新日:2019年2月1日

更新日:2020年2月9日

第1節 – 公式の指定

この憲章は、選挙設備下位部門調整協議会(EISCC)と呼ばれる組織の組織構造、機能、および運営手順を明確にし、知らせることを目的とした動的文書として作成されたものである。

第 2 節 – 使命と目的

協議会の使命は、現行の米国法に従い、国家の選挙設備の物理的保護、サイバー保護、および緊急時の備えを推進することである。この使命は、大統領政策指令/PPD-21と関連する権限に規定されているように、協議会に代表される設備所有者と運営者の自発的な行動によって達成される。

選挙設備下位部門調整協議会(EISCC)は、他の民間重要設備部門、ならびに国土安全保障省(DHS)、米国選挙支援委員会(EAC)、州・地方・部族政府(SLTT)、選挙設備下位部門(EIS)政府調整会議(GCC)との主要資産所有者との接点として機能する。

第 3 節 – 目的と活動範囲 選挙設備下位部門調整協議会(EISCC)の主な目的は以下のとおりである。

– 選挙下位部門と、国土安全保障省(DHS)を含む連邦・州・地方機関との間で、民間の選挙下位部門の保護および緊急時対応に関する主要な連絡役を務める。

– 物理的およびサイバー的な脅威、脆弱性、事件、潜在的な防御策に関する情報および知識の共有を促進する。

– 国土安全保障省(DHS)および 選挙設備下位部門政府調整会議(EISCC) と連携し、訓練、教育、実施を含む、設備防護を支援する部門全体の計画、手順、効果的な実践を開発、推奨、検討する。

– 選挙下位部門を代表して、他の設備施設部門との議論に参加する。

脅威、保護、危機分析、緊急事態への備えと対応、その他関連事項について、選挙設備下位部門政府調整会議(EISCC)と同様に対応する。

– 効果的な重要設備の保護と回復力保護計画に対する優先事項、障害、または阻害要因を特定し、伝達し、それらを軽減するための行動を適切な当局に策定/推奨する。

– 部門の事業者、所有者、その他の関連する代表者の専門的な知識や専門性が、資源として利用できるようにするための仕組みを提供する。

選挙設備下位部門政府調整会議(EISCC)は、いかなる募集または契約手段の条件を作成するために設計されておらず、この目的のためにその使用の外観または実際の使用は、契約の競争からそこに関与する事業体を禁止する可能性があります。

 
 
基本的に、選挙設備下位部門政府調整会議(EISCC)は民間企業の会員で構成された協議会であり、「国の選挙設備の物理的保護、サイバー保護、緊急時の備え」について政府に助言、支援を行います。
 
これは、「協議会に代表される設備の所有者および運営者の自発的な行動」によって行われます。
 
 
 
つまり、選挙設備下位部門政府調整会議(EISCC)の会員は、実際の選挙設備の所有者や運営者であり、彼らは自らの「自発的な行動」によって、物理的な保護とサイバー保護を扱うのです。
 
 
 
選挙設備下位部門政府調整会議(EISCC)は、「訓練、教育、実施を含む、設備保護を支援するための部門全体の計画、手順、効果的な実践方法を開発、推奨、検討するために、国土安全保障省(DHS)と連携する」としています。
 
 
また、「効果的な重要設備の保護に対する障害を軽減するために、適切な当局に提言を行う」とされています。
 

 

  

この記事の続きはこちらになります。

 

 

 

当サイトは皆様の共有のおかげで成り立っています。

シェアをよろしくお願いします!

 

ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート5 3/8 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。