ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート9 5/10 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!
devolution

パート9 5/10 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

 

今回の要点とまとめ

 

・国防長官は、外国が選挙結果に関与した証拠を各戦闘指揮官と共有する義務がある

・彼らはバイデン「政権」が正当なものではないことを認識し、緊急時対策「権限委譲計画」が実施された

・トランプ大統領は、外国の選挙干渉を見越した「戦場の準備」を行っていた

・軍はサイバーコマンドを戦闘司令部に昇格させ、米国の選挙を守る主導権を取った

・「サイバー領域は次の戦争の世紀を定義するだろう」

 

 

国防長官は、外国勢力の選挙関与の証拠があれば、各戦闘指揮官と共有する義務がある。

そのことを知った各戦闘指揮官は、バイデン「政権」が正当なものではないことを認識し、緊急時対策「権限委譲計画」を実行へと移す。

トランプ大統領は、そのことをあらかじめ予見しており、洗浄の準備を整えていた。

サイバーコマンドを戦闘司令部に昇格させることも、選挙を守るための戦場の準備だった。

 

 

ここからがオリジナルの記事の翻訳になります

 

 

10 USC 101(a)(13)およびFAR 2.101による。

「有事作戦」とは、以下のような軍事作戦を意味する。(A) 国防長官により、軍隊のメンバーが 軍事行動、作戦、 または – 合衆国の敵または敵対する軍隊に対する敵対行為に関与する、または関与する可能性がある作戦として指定される。

(B) 第688条、12301 (a) に基づく制服組のメンバーの招集、命令、現役への留任につながるもの。

12302, 12304. このタイトルの12304a、12305、または12406。

このタイトルの第15章。

タイトル14の712項。

または大統領や議会が宣言した国家緊急事態の間、法律の他の規定。

 

 

もしクリス・ミラー国防長官が、外国の敵が我々の選挙を妨害しただけでなく、その選挙結果が変更されるほどであるという証拠を提供されたら、彼はその証拠を各中央司令官と共有する義務があったはずである。

彼らはバイデン次期「政権」が正当なものではないことを認識し、緊急時対策「権限委譲計画」が実施されたことだろう。

 

権限委譲理論については、まだ大きな障害が残っている。

 

私はずっと言っているのですが、権限委譲計画はトランプと軍部が中国共産党の合衆国選挙への介入を摘発することを前提にしています。

それが起こらなければ、権限委譲計画が現在活動していると推察することはほぼ不可能です。

 

軍が外国からの選挙干渉の証拠を持っているという決定的な証拠をお見せすることはできませんが、私ができることは、軍が選挙に干渉する外国の敵対者を捕まえる用意があったことを示す状況証拠をお見せすることです。

先に述べた戦闘指揮官の一人が大きな役割を担っている。

 

 

選挙の安全性

 

 

権限委譲計画シリーズを通じて、トランプが行政権を使って外国の選挙干渉を見越した「戦場の準備」を行っていた方法をご紹介してきました。

彼は数々の大統領令を発したが、軍は「戦場の準備」のために何をしていたのだろうか。

 

ここで時系列に全力で紹介する。

 

2018年5月8日 – 軍は、サイバーコマンドを戦闘司令部に昇格させることにより、米国の選挙を守る上で重要な主導権を取ったのである。

 

 

サイバーコマンドは2009年に設立された米戦略軍司令部の下部組織であった米サイバー司令部は、敵対者がサイバー領域を悪用して米国とその同盟国を攻撃しようとしており、急速に進化する脅威に対応して2009年に設立されました。

国土防衛・グローバルセキュリティ担当のケネス・ラプアノ国防次官補は昨年、国防総省で記者団に、サイバーコム司令官の地位は他の統一戦闘司令官と同レベルに上がり、国防長官に直接報告できるようになったと語った。

サイバー領域は次の戦争の世紀を定義するだろう」ホワイトはペンタゴンの記者会見でそう言った。

陸軍サイバー司令官であったポール・M・ナカソネ陸軍中将は、引退するマイケル・S・ロジャース海軍大将の後任としてサイバーコム司令官となり、4つ目の星を獲得することになる。

 

 

サイバーコマンドが戦闘司令部(COCOM)に昇格したことで、サイバーコマンドは国防長官に直接報告することができるようになった。

 

 

 

 

 

この記事の続きはこちらになります。

 

 

 

 

当サイトは皆様の共有のおかげで成り立っています。

シェアをよろしくお願いします!

 

ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート9 5/10 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。