ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート9 7/10 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!
devolution

パート9 7/10 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

 

今回の要点とまとめ

 

 

・大統領政策指令20では、外国からサイバー攻撃を受けた際に、どのように対応するか詳細に指示したもの

・トランプ大統領は、大統領政策指令20を変更することで、関係者が余分な手間を省いて直接に対応できるようにした

・外交問題評議会は、トランプ大統領の大統領政策指令20変更を懸念している

 


トランプ大統領は、外国からサイバー攻撃を受けた際に、どのように対応するか詳細に指示した大統領政策指令20を変更することで、関係者が直接に対応できるようにした。

 

 

ここからがオリジナルの記事の翻訳になります

 

 

2018年8月16日 – ウォールストリートジャーナルは、 “米国のサイバー攻撃に関する規制緩和を求めるトランプ大統領、オバマ大統領の指示を覆す” という記事を掲載しています。

記事は有料記事ですが、ハイライトのスクリーンショットを掲載します。

 

 

この行動に詳しい関係者によると、トランプ大統領は、米国政府が敵対国に対してサイバー兵器をいつどのように配備できるかを規定したオバマ時代の覚書を破棄し、こうした作戦に対する制限を緩めようとした。

トランプ氏は水曜日に、大統領政策指令20として知られる、米国がサイバー攻撃、特に外国の敵対者に向けた攻撃を行う前に従わなければならない省庁間の精巧なプロセスを示した機密の規則を覆す命令に署名した。

この変更は、この決定について説明を受けたある政権高官によって、「攻撃的な前進」と評された。

このような脅威に対してより強力な対応をすることで、軍事行動の支援、外国の選挙への影響の抑止、知的財産の盗難の阻止に役立てようとするものである。(中略)

設計通り、オバマの政策は、デジタル・スパイなどの既存の活動を妨げることを避けるためもあり、米国機関は連邦政府全体のさまざまな関係者から攻撃的な活動の承認を得る必要がありました。

批評家たちは長年、大統領政策指令20号を特に惰性的なものと見ており、潜在的な攻撃計画にあまりにも多くの連邦政府機関を巻き込むことで、重要な作戦に支障をきたしたり、妨げたりしていると主張してきた。

しかし、現職および元米国政府高官の中には、この命令を削除したり置き換えたりすれば、どのような攻撃的サイバー作戦が許されるのかについて、さらなる不確実性が生じるのではないかと懸念を表明している者もいる。

サイバーセキュリティ問題に取り組んでいたある元米国高官は、トランプ氏の決定によって軍に新たな権限が付与され、”国内に使命を持つことができるようになるかもしれない “という懸念もあると述べている。

 

 

大統領政策指令20(PPD-20)の障害の一部を取り除くことで、トランプは軍が “お役所仕事 “を切り抜けることなく、選挙妨害に直接対応することを可能にした。

 

選挙設備を守るためにサイバーコムを戦闘司令部(COCOM)に昇格させ、軍の指揮系統そのものにある「中間者」を排除しただけでなく、大統領政策指令20(PPD-20)では、あらゆる行動計画を承認するために必要な連邦機関の不必要な階層を排除して、その手を解いたのである。

 

 

2018年9月10日 – 外交問題評議会が、トランプの大統領政策指令20(PPD-20)の変更について、興味深いコメントとともに論じた記事を掲載しています。

 

 

ウォールストリート・ジャーナルは最近、ドナルド・J・トランプ政権が大統領政策指令20(PPD-20)に基づき米国の敵対国に対して行われる攻撃的サイバー攻撃の承認プロセスを規定する制限の一部を撤廃したと報じた。

2018年5月に米サイバー司令部が国防総省の他の戦闘司令部と同等の統一戦闘司令部に昇格したことに伴い、今回の改訂の論理は、サイバー司令部の司令官が他の戦闘司令部と同等の行動を取る権限を持つべきというものであった。

報告された PPD-20改訂の批判者にとっては、戦闘指揮官への権限委譲が、潜在的に攻撃的になってしまうというリスクがある。

彼らは、より積極的で攻撃的な態勢の米国サイバー司令部が、米国の敵対者に、米国に対するサイバー作戦を強化することで応戦するように仕向けるかもしれないと懸念している。

これは、米国が非常に脆弱な状況下で、ますます費用のかかるサイバー作戦を発展させる流れにつながる可能性がある。

 

 

 

この記事の続きはこちらになります。

 

 

 

 

当サイトは皆様の共有のおかげで成り立っています。

シェアをよろしくお願いします!

 

ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート9 7/10 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。