ホーム » 放浪記 » ロンドンに住む話24(自叙伝328)

ロンドンに住む話24(自叙伝328)

 

スロームード

 

僕たちは皆いい感じに楽しんで踊っていた。

心地の良いダンスミュージックが流れる。

 

だが、サイトランスのイベントに来ているのにサイトランスが流れてこない。

客層もなんとなく雰囲気が違う。

 

まあ、まだ早い時間だし、いずれDJが変わってサイトランスが流れ始めるのだろう。

僕たちはあまり深く考えずに次のDJを待っていた。

 

 

次のDJ

 

2時間くらい踊った頃にDJが変わった。

 

よし、そろそろ本格的にサイトランスが流れ始めるのか?と思いきや、またもやサイトランスよりは遅めのテクノが流れ始める。

 

それでも、音楽はいい感じで、フロアも盛り上がって来ている。

 

でも、なんか雰囲気はサイトランスのパーティーとはどうも違う。

なんとなく違和感を感じながらもフロアの盛り上がりに引っ張られて楽しみ続ける。

 

 
 
完全版へつづく。。。
 

前の記事 | 次の記事

 

完全版でこの記事を読む

 

 

当サイトは皆様の共有のおかげで成り立っています。

シェアをよろしくお願いします!

 

ホーム » 放浪記 » ロンドンに住む話24(自叙伝328)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。