ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート1 4/6 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!!
devolution

パート1 4/6 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!!

 

今回の要点とまとめ

 

 

・トランプ大統領の政策は成功し、アメリカの景気は良かった

・トランプ大統領はどのようなスキャンダルにも弾劾にも影響されなかった

・中国はバイデン政権に出資し、民主党とメディアと共にトランプ氏を大統領職から追い出そうとしていた

・2020年の選挙では民主党にほとんどチャンスがなかったので、選挙を盗む以外に方法がなかった

・トランプ大統領は、アメリカが攻撃を受けたと明言している

・トランプ大統領は、民主党がコロナを口実にした優勢投票を利用し選挙を盗むことを予期していた

 

 

トランプ大統領の政策は成功し、アメリカを豊かにしたが、それは中国にとっては不都合な物だった。

困った中国はバイデン政権に出資しトランプ大統領を攻撃するが、有効な手段はコロナパンデミックを起こして選挙を盗む方法しかなかった。

トランプ大統領はそれらの攻撃をあらかじめ予期していた。

 

 

 

ここからがオリジナルの記事の翻訳になります

 

 


トランプ氏がキャンペーンで掲げた「アメリカ・ファースト」は機能していました。

 

経済は活況を呈していた。

中国との「貿易戦争」にも勝利していた。

 

彼に投げかけられたスキャンダルはどれも引っかからなかった。

彼は弾劾を受けても無傷だった。

 

中国は、アメリカにとって最も重要な2つの脅威(民主党とメディア)とともに、トランプを大統領から追い出そうと必死だった。

中国はバイデン大統領を支持しており、ハンター・バイデンのラップトップにあるように、バイデン政権に出資していた。

 

 

捏造された世論調査ではそうではないとされていたが、2020年の民主党にはほとんどチャンスがないと思われていた。

 

勢いがあるのは明らかだった。

 

民主党が選挙に勝つためには、選挙を盗むしかないのだ。

 


コロナウイルスがそのような機会を与えてくれるとは、なんと都合のいいことだろう。

 

 

さて、今回のリークが意図的なものかどうかはご自身で判断していただきたいのですが、ドナルド・トランプ大統領自身は何と言っていたのでしょうか?

 

 

トランプ大統領の発言は?

水曜日にホワイトハウスの執務室で記者団に向かって、トランプ氏は次のように述べた。

「私たちは、これまでに経験したことのない最悪の攻撃を経験しました。

これは真珠湾よりも悪く、世界貿易センターよりも悪いことだ。

このような攻撃は今までになかった。

このような攻撃は決してあってはならないことなのです。

発生源で止めることが出来たはずだ。

中国で止めることができたはずだ。

中国でも止められたかもしれないし、源流で止めるべきだった。

それができなかった。」

 

 

“我々はこれまでにない最悪の攻撃を受けた “と。

 

 

 

選挙

 

 


2020年の選挙はすべてが議論の的となった。

 

現職の大統領は票を獲得しても再選されない。

 

オバマ氏は300万票少なく、合計で約6600万票で再選された。

トランプ氏は約1,200万票を獲得し、合計7,400万票以上で敗北しました。

 

コロナウイルスが大量のメールイン投票の口実であることは明らかだった。

 

 

 

ある有名な政治家が言っていた。

 

「郵便投票は不正の可能性が極めて高い」 – Jerry “Pampers” Nadler

 

 

民主党の地方議員やRINO(RINO – 政治的見解が党の路線に十分に準拠していないと見なされている共和党の候補者を指す軽蔑的な用語)は、スイングステート(民主党支持と共和党支持が半々の選挙の結果を左右する重要な州)の選挙法を違憲的に変更し、郵政投票を増やした。

 

 

 

トランプはこのことを1マイル先まで見越していた。

 

 

 

米国のドナルド・トランプ大統領は、党が自分を候補者に指名したことを受けて、仲間の共和党員に対して、相手が11月の選挙を「盗む」かもしれないと警告しました。

トランプ氏は、ノースカロライナ州で開催された党大会の初日に、代表者たちに向けて「彼らはCovidを使ってアメリカ国民を詐取しようとしている」と語りました。

トランプ氏は、郵便投票が不正行為につながるという事実無根の主張を繰り返しました。

コロナウイルスの大流行により、かつてない数のアメリカ人が郵便投票を行うことが予想されています。

 

 

次の記事に続く

 

 

当サイトは皆様の共有のおかげで成り立っています。

シェアをよろしくお願いします!

 

ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート1 4/6 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。