ホーム » 放浪記 » ゴアに目覚める話1(自叙伝118)

ゴアに目覚める話1(自叙伝118)

近所のパーティー

 
 
 
 
12月のフルムーンパーティーは、僕の住んでいた宿から歩いて3分の所にあるレストランの敷地内で行われた。
 
 
 
 
 
この場所は近所に地元の人たちも住んでいて、彼らにとってはいい迷惑なのだが、パーティーがある事で地元の経済が潤沢に潤うので、需要と供給のバランスが取れていた。
 
 
 
 
 
屋根と高さ1メートルほどの壁だけがある風通しのいいレストランのテーブルと椅子を取っ払って、大きなスピーカーとDJ機材を並べ、ブラックライトを取り付けただけの簡易な設備。
 
 
 
 
 
気が早い僕たちは、パーティーが始まる前のセットアップの段階から敷地内に入って待っていた。
 
 
 
完全版へつづく。。。

前の記事117 | 次の記事119

完全版でこの記事を読む

 

 

当サイトは皆様の共有のおかげで成り立っています。

シェアをよろしくお願いします!

 

ホーム » 放浪記 » ゴアに目覚める話1(自叙伝118)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。