ホーム » 放浪記 » 北へ向かう話3(自叙伝304)

北へ向かう話3(自叙伝304)

 

ロンドンへ

 

ロンドンへ向かうために酷暑のデリーを素早くぐり抜けて、飛行機へと向かった。

 

ロンドン行きのチケットはずいぶん前にとっていて、トルクメニスタンという全く訳のわからない国を通っていく。

一番安い航路だったからとったのだが、トルクメニスタンの訳の分からなさが気に入っていた。

 

イランとアフガニスタンの上にある元ソビエトの国で、その未知具合が旅心を刺激した。

 

ロンドンでは、親友のNちゃんが待っていてくれる。

Nちゃんは僕よりも8つ上の29歳で、去年のゴアでは僕のことを弟のように可愛がってくれていた。

僕たちは笑いのツボとセンスが非常に良く似ていて、お互いにノリ出すと笑いの渦が止まらなくなる。

Nちゃんは今年はゴアへ来ずにバリへ行ったので、一緒に時間を楽しむことはできなかったが、これからはロンドンで散々遊ぶことができそうだ。

 

 
 
完全版へつづく。。。
 

前の記事 | 次の記事

 

完全版でこの記事を読む

 

 

当サイトは皆様の共有のおかげで成り立っています。

シェアをよろしくお願いします!

 

ホーム » 放浪記 » 北へ向かう話3(自叙伝304)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。