ホーム » 放浪記 » 2期目のゴアの話1(自叙伝253)

2期目のゴアの話1(自叙伝253)

 

再開

 

アンジュナまでたどり着くと、Yさんが迎えてくれた。

前回、バシシトで会って以来の数ヶ月ぶりの再開だ。

 

あの後、彼は日本に帰り全ての準備を完璧に整えて、インドへと戻って来た。

彼のいう準備とは、映画の撮影のことである。

 

映画の助監督の仕事を生業としている彼は、将来は自身で映画を撮りたいと夢見ていた。

そんな彼が去年のゴアで覚醒とも言えるような衝撃的な体験をして、是非ともこの旅人の世界をフィルムに納めたいと一念発起したのだ。

 

そしてこの一年の間にお金を貯めて、撮影機材を揃えて、さらにはアシスタントとして同じ映画業界の後輩のAさんまで連れて、ゴアへと戻って来た。

 

そして、今から数日後にやってくる僕のガールフレンドで女優志願であるIちゃんが、そのドキュメンタリー映画に出演する予定だ。

 

それぞれの夢が絡み合い、現実として浮かび上がろうとしていた。

 
 
完全版へつづく。。。
 

前の記事 | 次の記事

 

完全版でこの記事を読む

 

 

当サイトは皆様の共有のおかげで成り立っています。

シェアをよろしくお願いします!

 

ホーム » 放浪記 » 2期目のゴアの話1(自叙伝253)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。