ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート11 16/16 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!
devolution

パート11 16/16 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

 

今回の要点とまとめ

 

 

・一連のハッキングをおこなったハッカーは、新しい技術を開発したうえで、昔のハッカーを真似て行動している

・ハッカーはクラウドストライク社から、何かを得ようとしていた

・ハッカーはメールアカウントや、オフィス・ソフトウェアのライセンスに侵入しようとしていた

・ハッカー集団は、実は米サイバーコマンドの作戦なのでは?

 

 

ソーラーウィンズ社を攻撃したハッカー集団は、新しい技術を開発した上で、昔のハッカーのように行動していた。

それは無意味な行動であり、他の何かを得ようとしていたようにも見える。

その行動は、もしかすると米サイバーコマンドの仕業なのかもしれない。

 

 

ここからがオリジナルの記事の翻訳になります

 

 

ソーラーウィンズ社のハッキングに関して私が見つけた最も興味深いコメントの1つは、サイバーセキュリティの新興企業ステアウェル社のCEO兼創設者で、グーグルの脅威分析グループの創設者でもあるマイク・ワイアセック氏のものです。

 

 

「洗練された敵対者がファイア・アイ社をハッキングするために新しい技術を開発し、既知の攻撃者を模倣したコードを盗んだのです。それは腑に落ちない 」と彼は言った。

「これは、ジェフ・ベゾス氏やイーロン・マスク氏が銃口を向けて銀行を襲うようなもので、それが起こることを想像するとほとんど滑稽です。

これは私の純粋な意見/推測ですが、既知の攻撃者を模倣した新しい技術を開発し、ツールを盗むことは、能力の無駄遣いのように思われます。

他のものを狙ったのだろうかと思う部分もありますが、それを言うのは不可能で、ファイア・アイ社もまだ知らない可能性があります。

美術館の強盗で、モナリザを盗むために侵入した人が、帰り際にギフトショップから何かを取っていくようなものです。」

 

 

推測ではあるが、上の段落は目から鱗である。このグループが狙っていた「何か他のもの」とは何なのでしょうか?

確かにハッキング中に、(LINK)https://www.cyberscoop.com/crowdstrike-solarwinds-targeted-microsoft/(LINK)彼らはクラウドストライク社から何かを得ようとしたようです。

 

 

2021年12月24日 サイバーコープ  

クラウドストライク社によると、ソーラーウィンズ社のハッキングを調査する過程で、マイクロソフト社は正体不明のハッカーから同社に関連する電子メールを読もうとする試みを発見したとのこと。

ハッカーはクラウドストライク社に侵入する試みに失敗したと、最高技術責任者のマイケル・セントーニャス氏は水曜日にログポスト誌で述べています。

セントーニャス氏によれば、この試みを最初に発見したのはマイクロソフト社の研究者だという。

マイクロソフト社はクラウドストライク社に対し、「数ヶ月前」マイクロソフト社の小売担当のマイクロソフト・アジュールのアカウントがマイクロソフト社のクラウド・アプリケーション・プログラミング・インターフェース(API)に対して「異常な呼び出し」をしていたことを明かしました。

このアカウントは、クラウドストライク社のマイクロソフト・オフィス・ライセンスを管理していました。

攻撃者は電子メールにアクセスしようとしましたが、「当社の安全なインターネット設計の一部として、クラウドストライク社はOffice 365ソフトウェアの電子メールを使用していません」とセントーニャス氏は述べました。

「本番環境と内部環境を徹底的に検証しましたが、影響はありませんでした」とセントーニャス氏は述べています。

「クラウドストライク社は、マイクロソフト社が共有する指標について、当社のアジュール環境だけでなく、当社のすべての設備に徹底的な見直しを行った」

ファイア・アイ社、マイクロソフト社、米国政府機関に被害を与えたソーラーウィンズ社のハッキングの背後にいるロシア人ハッカーと疑われる人物が、クラウドストライク社もターゲットにしているかどうかは不明だった。

また、ハッカーがどのようなメールに興味を持ったのかも明らかではありませんでした。

 

 

なぜ誰かがクラウドストライク社のメールにアクセスしたいのだろうか?

ここでは、まだ全容がわかっていない何かが起こっているのです。

 

ひとつ確かなことは、これがドミニオン社のマシンを通じて選挙に影響を与えたということです。

 

2020年12月14日からのドミニオンのウェブ・クライアント・ポータルへのアーカイブリンクはこちらです。

 

 

2020年3月のいつかに始まったハッキングが、2020年12月まで発見されなかったことで、ハッカーはドミニオン社にアクセスし、したがって、ドミニオン社のマシンの数千とは言わないまでも、数百に及ぶソフトウェアを持っていたクラウドストライク社にもアクセスすることができたのです。

 

 

私は憶測が好きではないのですが、憶測に基づいた質問をすることをお許しください。

 

もし、ソーラーウィンズ社のハッキングが、外国の敵や無差別のハッカー集団によるものでなかったとしたら?

もし、「史上最も巧妙なハッキング」が、実はサイバーコマンドと我が国の軍隊によって行われ、これが選挙窃盗を捕らえる方法だとしたらどうでしょう?

もしこれが、彼らが物事を調べている間にクラウドストライクの情報を入手した方法だとしたら?

2016年までさかのぼったら?

 

このすべてが何を意味するのか、推測せずにはいられないが、推測にふけるまでもなく、もっと大きな、そしてディープステートにとってもっと危険な何かがここで進行中であることを物語る明確なパターンを目にすることができる。

 

ダーラムの調査の長さは、メディアがこれらの出来事を一掃しようとしたが、消えてはいないことを決定的に物語っている。

これらの犯罪は再び脚光を浴びている。

 

政治体制は、彼らがドナルド・トランプに経験させたこと、そして私たちに経験させたことのために、最終的にいくつかの正義を見ることができるかもしれません。

 

皆さん、ポップコーンを手に取ってください。

最高のものはまだ来ていない

 

 

 

 

この記事の続きはこちらになります。

 

 

 

 

 

 

この記事を気に入って応援したいと思われた方は、下記の記事を参考にして、著者のパテル・パトリオット氏に寄付をしていただけると翻訳者として無常の喜びです。

 

 

当サイトは皆様の共有のおかげで成り立っています。

シェアをよろしくお願いします!

 

ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート11 16/16 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。