ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート13 14/17トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!
devolution

パート13 14/17トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

 

今回の要点とまとめ

 

 

・連邦政府機能復興実行委員会のメンバーは、「民間」分野で権限委譲計画に関わるような重要な仕事をしている。以下はそのメンバーの現在の仕事

・トニー・オルナート氏は、バイデン政権後にてシークレットサービスのアシスタントディレクターの役職に就いた

・管理・予算局のラッセル・ヴォート氏は、アメリカ再生センターを立ち上げて、最も重要な分野でドナルド・トランプ氏の政策やアジェンダを実施する仕事を続けている

・国土安全保障省長官のチャド・ウルフ氏は、小規模な国土安全保障省のようなことをしている

 

 

実行委員会のメンバーは、民間で権限委譲計画に関わるような重要な仕事をしている。

 

 

ここからがオリジナルの記事の翻訳になります

 

 

計画の実行

 

 

分散型環境

 

 

FMR EOと戦略を概観したところで、大統領令13961によって設立された執行委員会をもう一度見直してみたいと思います。

「連邦政府機能復興のための運営と統合」によって設立された執行委員会をもう一度見直し、何かつながりができないか考えてみたいと思います。

 

 

セクション3.

執行委員会

(a) 連邦復興計画執行委員会をここに設置する。

(b) 執行委員会は、国防長官、国土安全保障長官、国家情報長官、国家安全保障問題担当大統領補佐官(APNSA)、大統領補佐官兼作戦担当副参謀長、経営予算局長官で構成されるものとする

通信技術を含む科学技術に関する問題が議題となる場合、執行委員会は、科学技術政策局(OSTP)の局長も含むものとする。

他の機関の長、および他の高官は、適宜、会議に出席するよう招待されるものとする。

 

 

トランプ氏の紹介で覚えておくようにと言った言葉を思い出してください。

“政府と民間は協力して脆弱性を減らし、最初から備えと回復力に対応したインフラを設計しなければならない”

 

そろそろ執行委員会のメンバーを見て、彼らが今、「民間」で何をしているのか見てみましょうか。

 

 

大統領補佐官兼作戦担当副参謀長 トニー・オルナート

 

トニー・オルナート氏は、面白い話を持っています。

 

彼はシークレットサービスの仕事から、トランプの作戦担当副参謀長として働くようになった。

ジョー・バイデン就任後、オーナートはシークレットサービスに戻り、長官補佐という名誉ある職務に就いた。

バイデン政権には懸念があった。

 

 

シークレットサービスは、一部のエージェントがドナルド・トランプと心配な関係にあることを懸念して、ジョー・バイデン次期大統領の詳細の割り当てを揺さぶっていると、ワシントンポスト紙は報じています。

バイデン支持者は、一部のエージェントが退任する大統領と政治的にあまりにも密接に連携しているというチームを表明していると、情報筋はポスト紙に語った。

ポスト紙によると、以前バイデンが副大統領だったときに保護した一部の上級士官は、彼に割り当てられた部隊の一部として再びホワイトハウスに呼び戻されます。

この変化に拍車をかけた懸念の一例として、トランプに配属されたある捜査官は、ホワイトハウスの政治補佐官になるための休暇を許され、彼の大統領就任を飾る特に論争的で物々しい事件に巻き込まれることになった。

今年初めにホワイトハウスの副長官を務めたアンソニー・オーナートは、6月にワシントンのラファイエット広場を挟んで、平和的なデモ隊が連邦警察官に襲われる中、トランプが聖書を持ってポーズをとるという記念撮影の手配を手伝った。

この抗議運動は、その数日前にミネアポリスで起きたジョージ・フロイドの警察による殺害事件が発端となっていた。

オーナートはまた、しばしば地元の法律に違反して、マスクなしの支持者が肘と肘を突き合わせるような、トランプの危険な政治集会の手配も手伝った。

この集会は、COVID-19の患者数の急増と、この病気による死亡に関連していた。

 

 

執行委員会の誰かが、現在、米国のシークレットサービスに組み込まれて、非常に重要な役割を担っているのは、非常に興味深いことです。

 

 

管理予算局の局長である ラッセル・ヴォート

 

2021年1月20日に退任した後、ラッセルは、アメリカ新生センターを設立しました。

 

CRAは、以下のような問題に焦点を当てている。

 

 

安全な国境終わりのない戦争に終止符を打つ大きな政府健康なコミュニティ

 

 

CRAには、トランプ政権の元職員が各機関から複数名参加しています。

個人的に好きなCRAのチームメンバー。

 

 

Kash Patel 国家安全保障・情報担当シニアフェロー

 

 

(念のため。私はカシュ・パテルではありません。私は大ファンであり、彼は私の偽名なのです。)

 

 

CRAは基本的に、最も重要な分野のいくつかにおいて、ドナルド・トランプの政策とアジェンダを実行する作業を継続するものである。

 

 

国土安全保障省の長官 チャド・ウルフ

 

3月23日、MSNによって、アメリカ第一政策研究所への参加に加えて、チャド・ウルフがウルフ・グローバル・アドバイザーを立ち上げると報じられました。

 

 

トランプ政権で国土安全保障省長官代理を務めたチャド・ウルフ氏が、企業NGOや政府機関に国土・国家安全保障に関する助言を提供するコンサルティング会社を立ち上げるという。

新会社の名称はウルフ・グローバル・アドバイザーズで、ウルフは他の3人のトランプ国土安全保障省(DHS)高官(スコット・エリクソン元長官代理、タイラー・フートン元副長官、ベス・スパイビー立法事務局長)とともに立ち上げている。

“DHSでの私の時間の間に、私は、彼らが企業や非営利団体であるかどうか、多くの組織が本当にそれぞれの組織が直面しているリスクやセキュリティ問題を評価するのに苦労していることを知り、実現するようになりました。

ウルフは、インタビューで述べています。

「また、規制の対象となっているかどうか、あるいは、規制当局がその使命をよりよく果たすための技術やサービスを持っているかどうかにかかわらず、規制当局をよりよく理解したいと考える人もいます。

ウルフは、すでに数社の顧客と契約しているが、会社の社長の誰かがその企業のロビイストとして登録する必要がない限り、その名前を挙げることは避けたという。

また、外国政府とも仕事をする可能性があるが、現時点では自分や自分の会社が外国代理人登録法に基づく登録を必要とするような仕事はしない、と述べた。

ウェブサイトは事実上休止状態であり、彼らが実際に行っていることに関するニュースもほとんどない。

ウルフ・グローバル・アドバイザーは、小規模な国土安全保障省ともいえる。

 

 

 

 

 

この記事の続きはこちらになります。

 

 

 

 

当サイトは皆様の共有のおかげで成り立っています。

シェアをよろしくお願いします!

 

ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート13 14/17トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。