ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート13 5/17トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!
devolution

パート13 5/17トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

 

今回の要点とまとめ

 

 

・連邦政府機能復興大統領令は、オバマ大統領が発令した大統領令13618の一部を改正するもの

・極秘計画の中で「安全な通信」は、最も重要な側面の一つ

・大統領令13618において、政府の継続性に関わるような国家安全保障上の緊急事態においては、安全な通信の責任を果たすために多くの団体が関与していた

 

 

トランプ大統領が発令した連邦政府機能復興大統領令は、オバマ大統領が発令した大統領令13618の一部を改正し、安全な通信の責任を果たすために多くの団体が関与するものになった。

 

 

 

ここからがオリジナルの記事の翻訳になります

 

権限委譲理論 – Part 1からこれを覚えていますか?

 

 

憲法上の後継者が全て機能しなくなった場合、軍が何をすることになっているか、最高機密の緊急時対策が既に存在する。

待機命令は、ワシントンを守るためだけでなく、ある種の戒厳令の可能性に備えて、これらの計画を準備するために3週間以上前に出された。

新しい文書と軍事専門家のインタビューによると、様々な計画-コードネームはオクタゴン、フリージャック、ゾディアック-は、政府の継続性を確保するための地下法である。

これらの異常な計画の下では、政府の継承に関する通常の憲法の規定を回避して、軍事司令官がアメリカ各地を支配下に置くことができるほど秘密なのである。

ニューズウィーク誌より。

この記事は2020年3月18日に掲載されたもので、『これらの計画を準備するために3週間以上前に待機命令が出された…』と主張しています。

つまり、2020年の2月。

トランプは軍に政府継続計画の見直しと準備を命じていたのです。この時系列は必須だと思います。

 

 

面白いですね、これは。

軍が政府継続のための計画を準備していたのとほぼ同時期に、トランプとNSCのトップは、NPRのサイトが嘲笑的に “ディープ・ステート “と特徴付けた人々を排除して、NSCの「チームのスリム化」を進めていたのである。

 

権限委譲が効果的に機能するためには、適切な人材を配置することが必要であり、計画が動き出す際のリークや抵抗の可能性を最小限に抑えるためのあらゆる努力も必要である。

リーク者や妨害者を排除するために必要な措置がとられたことは明らかである。

 

NSCについては、FMR大統領令と戦略の策定において重要な役割を果たしたので、後ほどまた触れることにする。

 

もう一度簡単におさらいしておきましょう。

 

・2020年12月7日、トランプは「戦争と国防」の文脈に基づく大統領権限を用いてFMR EOを発令しました。

・FMR EOでは、PPD-40で定義されたNEFを、脅威や状況に関わらず、継続性のある環境で行うことが米国の方針であると説明されています。

・連邦継続指令は、これらのNEFのリストを我々に与えた。

・FMR EOは、継続計画に関して、消極的な姿勢から積極的な姿勢への転換を説明し、まるで何が起こるか分かっていたかのように見せている。

・FMR EOは、継続計画を実施・実行するための実行委員会を設立した。

・FMR EOは、執行委員会の役割を詳細に説明し、執行委員会は、継続計画の実施と実行の作業を支援する下部組織と作業部会を設置することができることを定めた。

・FMR EOは、大統領へのバックチャネルを詳述した:マーク・メドウズ

・FMR EOは、新しいNCCが誰であるかを示した:ロバート・オブライエン

 

それでは、極秘計画の最も重要な要素の一つである「安全な通信」について説明します。

 

 

 

安全な通信

 

 

ここからがさらに興味深いところです。

 

 

Sec. 大統領令13618の改正

(a)2012年7月6日の大統領令13618(国家安全保障および緊急事態準備通信機能の割り当て)の第2条3項は、以下のように改正される。

 

 

つまり、今回のFMR大統領令は、オバマ大統領が発令した大統領令13618のセクションを改正しているのです。

 

この改正の意味を理解するためには、大統領令13618の内容を十分に理解し、実際に何が改正されているのかを知る必要があります。

以下は、米国議会調査局による大統領令13618の素晴らしい要約である。

 

 

要約

国家安全保障上の危機や災害が発生した場合、連邦、州、地方、地域政府および民間部門の通信は重要である。

国家安全保障と緊急事態への備えのための通信システムには、固定電話、無線、放送、ケーブルテレビ、ラジオ、公共安全システム、衛星通信、インターネットがある。

例えば、連邦政府の国家安全保障・緊急事態対応通信プログラムには、政府緊急通信サービス、無線優先サービス、政府継続条件に関連した機密メッセージなどがあります。

信頼性が高く安全な通信システムは、国家安全保障上の事件や緊急事態を効果的に管理するために必要です。

2012年7月6日、バラック・オバマ大統領は大統領令(EO)13618を発表し、連邦政府の国家安全保障および緊急事態準備通信機能を指定することにより、国家安全保障および緊急事態および危機の際に通信する必要性と責任に言及した。

EO 13618は、他の大統領が出した古い大統領令をまとめたもので、1934年通信法(47 U.S.C. §606)に関連している。

しかしこの大統領令は、国家通信システムを解散させ、連邦国家安全保障および緊急準備通信機能を監督する執行委員会を設立し、執行委員会を支援するプログラムオフィスを国土安全保障省内に設立し、連邦政府機関に特定の責任を割り当てることによって連邦国家安全保障と緊急準備通信機能を変更した

この報告書は、EO 13618の条項の要約と、その顕著な点に関する簡単な考察を提供する。

 

 

 

この記事の続きはこちらになります。

 

 

 

 

当サイトは皆様の共有のおかげで成り立っています。

シェアをよろしくお願いします!

 

ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート13 5/17トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。