ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート2 1/6 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ! 
devolution

パート2 1/6 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ! 

 

今回の要点とまとめ

 

・DIAの長官は2020年にトランプ大統領によって任命された

 

・DIAの役目は戦闘に関連した情報を提供すること

 

・2021年2月に、中国の諜報機関の上位に位置するドン・ジンウェイ氏が、中国からアメリカに亡命した

 

・中国もバイデン政権もドン氏の亡命を否定している

 

トランプ大統領直々に任命したアメリカ国防情報局の長官の義務は、戦争を未然に防ぎ、決定的に勝利するために、外国の軍隊に関する情報を提供すること。

 

中国の諜報機関のトップのドン氏がアメリカに亡命したが、どうもバイデン政権はそのことを知らなかったようだし、中国もバイデン政権もその亡命の存在を否定している。

 

 

 

アメリカ国防情報局について

 
アメリカ国防情報局(DIA) は、アメリカ軍の情報部門です。

 

その使命は、「戦争を未然に防ぎ、決定的に勝利するために、外国の軍隊に関する情報を提供する」ことです。

 

局長は “国防長官の主要顧問 “です。

 

通常、3年の任期を務めます。

 

現在の長官であるスコット・D・ベリアー中将は、DJT(トランプ大統領)によって任命され、2020年7月30日に上院で承認されました。

 

DIAはCIAと似ていますが、この2つの機関の決定的な違いに注意してください。

 

国防情報局(DIA)と中央情報局(CIA)はどう違うのですか?DIAとCIAは、どちらもICのメンバーです。

しかし、CIAが大統領とその内閣に情報を提供することに重点を置いているのに対し、DIAは戦闘関連任務のための外国情報の主要な供給源です。

 

CIAは主に大統領とその内閣に情報を提供し、DIAは戦闘関連の任務のために情報を提供する機関です。

 

 

 

矛盾する報道

 

 

Redstateのジェニファー・ヴァン・ラーは6月4日に中国の亡命者に関する5つの記事のうちの最初の記事を掲載しました。

 

ここでは、最初の3つの記事の内容を紹介します。

 

レッドステートストーリー1

レッドステートストーリー2

レッドステートストーリー3

 

報道によると、中華人民共和国国家安全部(MSS)のドン・ジンウェイ副部長は、2021年の2月10日に中国から米国に亡命しました。

 

ドン氏は以前、MSSの防諜責任者を務めていました。

 

事実であれば、景維氏は史上最高レベルの中国亡命者となります。

 

DIA長官だったフリン将軍が、軍事情報の秘密をすべて持って中国に亡命したようなものです。

 

中国共産党は、ドン氏がまだ中国にいると主張しており、6月24日に行われたとされる会議での写真を公開しています。

 

 

自由な世界は中国を信頼していますが(皮肉)、この件に関しては彼らが真実を語っているかどうか疑わしいですね。

 

 

会議は、ドバルとユスフのほか、カザフスタンのアセット・イセケシェフ、キルギス共和国のマラト・イマンクロフ、ロシアのニコライ・パトルシェフ、タジキスタンのナスルロ・マハムドゾダ、ウズベキスタンのボブル・ウスマノフと地域反テロ機構(RATS)のジュマコーン・ギヨソフ長官が出席した。

ただし、中国からの参加はなかった。

 

この写真はフォトショップで加工されたものだと主張する人もいます。

 

私は、中国が主張している会議の写真ではなく、本物の写真だと思います。

 

むしろ、2020年のフォーラムで撮影された写真ではないかと思います。

 

 

絨毯や椅子は同じように見えますが、この特定のフォーラムに関する情報はネット上にほとんどなく、実際に行われたことを証明する写真はこれしか見つかりませんでした。

 

ドン氏の離反の噂を払拭するための中国の努力は、失敗に終わりました。

 

中国はドン氏にライブカメラでインタビューして「面目を保つ」ことができました。

 

しかし、疑わしい写真があるだけで、他には何もないのです。

 

 

“中国共産党は、MSS幹部の離反を認めたことはない” 1989年の天安門事件後に亡命した元中国外務省のハン・リアンチャオ博士は、月曜日、Spy Talkに電子メールで語った。

 

 

しかし、火曜日、あるアメリカ政府関係者は、Dong氏の亡命に関する報道は事実でないと述べた。

匿名を条件に、この関係者はドン氏の現在の居場所を含め、それ以上の詳しい説明を避けたが、このカウンタースパイが中国に残っていることだけはほのめかした。

ドン氏の居場所については、「確認も否定もできない」という。バイデン政権がなぜ高度の亡命の噂を打ち消すために手を差し伸べたのか、通常なら超神経質な問題である、と聞かれた当局者は、「それはむしろ政策的な問題だ」と答え、Spy Talkをホワイトハウスに紹介した。

国家安全保障会議の広報担当者は、コメントの要請に応じなかった。

 

「彼がどこにいるのか、正確には確認できないし、否定もできない」としながらも、「決定的に、解決済みの問題」…「ゲーム、セット、マッチ」という反応だった。

 

つまり、「彼がどこにいるのかわからないが、中国にはいない」ということだ。

 

 

 

この記事の続きはこちらになります。

 

 

 

当サイトは皆様の共有のおかげで成り立っています。

シェアをよろしくお願いします!

 

ホーム » 情報記事 » 権限委譲理論シリーズ » パート2 1/6 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ! 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。