ホーム » デヴォルーション

パート11 8/16 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

devolution

クラウドストライク社が提出した監査報告書は、編集された下書き形式であったし、そもそもデータは米国の東海岸で、パソコンからUSBメモリへと直接に移されていた。

ウィキリークスがヒラリー氏のメールの公開を示唆した3日後に、ロシアのハッカーを名乗る存在が犯行声明を出したりなど、不自然なことが多い。

   |     

パート11 7/16 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

devolution

2019年7月にトランプ氏は電話にて、ウクライナのゼレンスキー大統領とクラウドストライク社やハンター氏、ブリスマ社について話している。

ミューラー報告書では、ロシアのハッカーが、民主党全国委員会(DNC)からメールをハッキングして、トランプ氏を助けたとしているが、ハッキングがあったという証拠は存在していない。

メールを公開したウィキリークスも、ロシアからメールを受け取っていないと主張している。

   |     

パート11 6/16 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

devolution

クラウドストライク社の幹部は、過去にミューラー氏の下でFBI副長官を務めていた。

その後にFBIは、民主党サーバーの監査をクラウドストライク社だけに任せている。

そのクラウドストライク社は、嘘の物語を捏造して、ミューラー氏のサポートをしている。

   |     

パート11 5/16 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

devolution

ミューラー氏の報告書は、一年前に書いた起訴状の文言と大きく異なっている。

その上、報告書の時系列は現実の出来事に合致せず、論理的整合性を持たない。

その問題についてハッカーたちとウィキリークスが、ツイッターでコミュニケーションをとっている。

   |     

パート11 4/16 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

devolution

ミューラー報告書は、ロシアが民主党のサーバーをハッキングし、工作員会社がSNSで工作を行ったとしている。

だが、報告書で引用されている情報には裏付けがなく、不自然な点が多く存在する。

   |     

パート11 3/16 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

devolution

マイケル・サスマン氏の起訴状では、彼がインターネット企業の技術系幹部と連携し、トランプ氏がロシアと共謀したという「物語」を作成したとして訴えている。

その点に関して、ミューラー報告書では、ロシアがハッキングして民主党の文書をリークし、工作員会社がSNSキャンペーンを指揮したとしている。

   |     

パート11 2/16 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

devolution

  今回の要点とまとめ     ・2021年9月15日にダーラム氏がマイケル・サスマン氏を虚偽陳述罪での起訴を要求した ・サスマン氏は、トランプ組織がアルファ銀行と通信しているという信用でき

   |     

パート11 1/16 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

devolution

  今回の要点とまとめ     ・FBIのトップは、2016大統領選挙の数週間前に民主党と深く関わる弁護士と面会していた ・その弁護士は、トランプ氏とロシアが共謀したという訴えを起こした法律

   |     

パート10 28/28 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

devolution

アフガニスタン政府を支援しているバイデン政権は、アフガニスタンから撤退することを伝えなかった。

それは、タリバンと協定を結んだトランプ政権と中国共産党を通してバイデン氏を動かしているように思える。

   |     

パート10 27/28 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

devolution

アフガニスタンの状況は、800人ほどの精鋭軍により管理できる状況だったが、トランプ大統領は米軍の撤退を指揮した。

だが、トランプ大統領はアフガニスタンから完全に撤退するつもりはないものの、それを公言することにより、バイデン政権によるアフガニスタン撤退を促した。

   |