パート12 10/12 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

devolution

ジョージソロスや、その他の左翼的NGOなどの資金提供により訴訟が起こされて、結果として数多くの選挙法が変更された。

民主党全国委員会の選挙弁護士であるマーク・エリアスはその訴訟たちに深く関わっている。

   |     

パート12 7/12 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

devolution

移行統合計画のシナリオで計画されていたように、もしトランプ大統領がバイデン氏の就任を阻止する行動をとっていれば、内戦が起こっていたかも知れない。

そうなれば、移行統合計画の計画通りにトランプ大統領を追放できていただろう。

   |     

パート12 5/12 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

devolution

移行統合計画には、反トランプ派が参加しており、怪しいつながりが色々と存在している。

移行統合計画が大統領選挙前に立てたシナリオでは、トランプ氏が権力にしがみつくために、早いうちに準備しておかなければならないとしている。

 

   |     

パート12 2/12 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

devolution

カラー革命の牽引力となる権力に対して立ち上がる市民は、自分達の行動は必然的な進歩であると考えており、自分達が誘導されていることに気づいていない。

オバマ氏の同級生であるアイゼン氏はカラー革命の専門家で、トランプ氏を倒そうとしていた。

   |     

パート12 1/12 トランプ氏が今でも実権を握ってる?! そのわけを法律の側面から解説した権限委譲理論がスゴイ!

devolution

民主党はカラー革命の脚本を使ってトランプ政権を失脚させようとしていた。

その脚本には決まったテンプレートがあり、イデオロギーによって国家の現状に対して立ち上がる市民によって導かれる。

   |